6月4日~10日は「歯と口の健康週間」です。

 
 6月4日から10日は「歯と口の健康週間」です。
 これまで「歯の衛生週間」として親しまれてきましたが、歯科口腔保健の推進に関する法律の施行に伴い、歯だけでなく口腔およびその周囲等の健康増進を目的とするため、「歯の衛生週間」から「歯と口の健康週間」に平成25年度から名称が変更されました。
 この「歯と口の健康週間」の始まりは、昭和3年に6月4日を「むし歯予防デー」と制定し、歯の健康普及に乗り出したのが始まりです。その後、戦争で一時中断しましたが、昭和23年に「口腔衛生週間」として復活し、昭和53年から平成24年までは「歯の衛生週間」として実施されてきました。 
 歯を失う原因のほとんどは、むし歯や歯周病によるものです。中でも、歯周病は糖尿病や心臓病と深くかかわっているのをはじめ、全身の健康に悪影響を及ぼします。歯の健康をいつまでも保つことは、からだ全体の健康を守ることにもつながります。
 毎日、しっかりと歯の健康を管理して、何歳になっても「元気に会話ができる」「おいしく食事をいただける」といった日常生活を送っていきましょう。

 
 

お問い合わせ

一般社団法人
新潟県歯科医師会

〒950-0982
新潟市中央区堀之内南3-8-13
TEL: 025-283-3030
FAX: 025-283-6692

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ